ラテ会インタビュー NO.2ホームクッキングプランナーshokoさん

ラテ会2回目のスピーカーは会社員として働かながら「ホームクッキングプランナー」として活躍中のshokoさん。
食材やテーマにフォーカスしたレシピ作成の他にも実際に自らが調理・提供、ケータリングや各種アンバサダー活動と活動の幅は多岐にわたります。

写真 2018-04-15 9 10 16

リサ:自己紹介をお願いします

shokoさん(以下、shoko):高橋粧子です。今は会社員をしながらホームクッキングプランナーとして個人で料理関係のお仕事をしています。

 

得意が仕事になるとき

リサ:会社員をしながらなんですね、今は会社でどんなお仕事をしてるんですか?

shoko:今は会社では秘書として働いていて、結構転職しています。
不動産会社の事務をしたり、ベンチャーのITで営業をしたり。
同じことをずっとするより、新しい事や場所に行きチャレンジしたくなるので、転職をしてきました。

リサ:その時々によって働く環境や仕事内容が変わるのって大変ではないですか?

shoko:それよりも私はずっと同じことをしていられない性格なんです笑。
5年後も同じことをしているんだったら、ここにいる意味がないかな。
だったら動こうかなと思うんです。

リサ:そうなんですね、働く環境を変えていく中で、
どのタイミングでホームクッキングプランナーになろうと思ったんですか?

shoko:もともと料理は得意かも、くらいでした。

でも少し前に働いていた会社で和歌山県の食のプロモーションのお仕事があって、
そこでフェイスブックページを任せてもらったんです。
その時に「もし得意だったら県の食材を使ってレシピもフェイスブックに掲載してもいいよ」と会社の人が言ってくれたんです。

そこでレシピ開発の仕事をしていくうちに「この仕事楽しい!」という感覚が湧いたんです。
そんな姿をたまたま見ていてくれた友人が、
「レシピを考えているshokoがすごく楽しそうだからうちでもやってみない?」と
声をかけてもらい健康食品会社でも同じように数か月間レシピを考え提供していました。

その後にCMUサロン(ちゅうもえから派生したスキルシェアサロン)の運営チームとして携わるようになりました。
ある日CMUでケータリングを頼んでイベントを開催したとき、
スープ担当になったんです。当日自分で作ったスープを持っていったらみんなとても驚いで!
粉末の簡単なスープを持ってくるだろうと思っていたらしいのですが、
スープを作ることは自分にとって特別なことではなかったので、この時にやっぱり私は料理が好きなんだと改めて思うことができました。

そこから、自分個人としても何かしたい、と思ってインスタグラム、ブログを始めて、肩書をつけてという感じで今に至ります。
それが2年くらい前の出来事です。

写真 2018-04-15 9 27 55

 

リサ:まだ2年なんですね、
これをやろう!というより、これだったらできるかもと経験の中から実感し、かたちにしていったんですね。
ホームクッキングプランナーとして活躍してきた中で一番楽しかったのはどんな時ですか?
shoko:イベントで料理を作るのは、その場で食べてくれる人がいて反応も見れるので楽しいですと思います。
あとは、「媒体に取り上げられる」という目標を達成することができたんです。
この経験もかたちに残るからとても嬉しかったです。

 

毎週たててきた目標

 

リサ:個人的には2年間活動を続けることは大変かなと思うのですが、
パラレルキャリアとして続けていこうと思うことや、続けてこれた秘訣はありますか?

shoko:パラレルキャリアをしている方が集まるオンラインサロンがあるんですが、
そこで毎週目標を立てと振り返りを発表し合うんです。

例えば、ブログを書く!とかインスタの投稿を週3回投稿する、本を読む、勉強をする、いただいている仕事のメニューを考えるといったものから本業の目標や生活の目標のようなものまで様々な内容を。そうやってその週にやることを常に書き出していました。

リサ:やっぱり目標を立てるのは大切ですか?

shoko:自分で目標を立てて、目標を達成していっても私は続かない。
やっぱり人の目があるから、今週何一つできませんでしたは恥ずかしいんですよね。

あとは一緒に参加している人が今何をやっているのかもわかるし、とても良い刺激になります。

リサ:お仕事はどうやって話がくるんですか?

shoko:お仕事はサロンで出会った同じパラレルキャリアをしている友人から依頼を受けることが多いです。
みんなパラレルキャリアだから、依頼が来るお仕事が土日なので受けやすいのもありがたいですね。前はフリーランスや独立したいなっと考えた時期もあったのですが、

でもそうしたとき、どうしても自分の動きをお金で換算してしまうので、今みたいに楽しんでできないなと感じたんです。
楽しいし、やりたいから、お金にこだわらなくても受けようと思えるのは本業でしっかりと収入があるから。

リサ:平日は仕事、土日はホームクッキングプランナーとしても活動や旦那さんとの時間。
時間の使い方が上手だなと思います。

shoko:逆にすごく下手だと思いますよ。朝苦手ですし。朝ごはんをインスタグラムにあげているのは、
やっぱり朝の自然光だときれいに撮れるのでそこを考えて。そのために起きている部分もあります笑

ドドーンと迫力の #シュープリーズ . @manimani_official さん掲載記事でお料理を担当させていただきました . これ、一度作ってみたかったぱの中にパンが入ったお料理。シュープリーズって言うらしいのですが、ここぞとばかりに作らせていただきました♪ . 撮影の詳細はブログに書いたので、プロフから見てね . Photo team writing @colorfulbooks1105 styling & direction @ayumi4079 photo @misopon34 stylist assistant @chih_s model @yumayumako @sachiko_31_
今日のブランチ . テーマはハワイアン プライムビデオで #しろときいろ を観てて、パンケーキが食べたくなったので。 . メニューは #フルーツパンケーキ #スパムおにぎり #目玉焼き #サラダ #コーヒー . パンケーキはエッグスンシングスみたいに生クリームもりもりにするつもりだったけど、盛ってる途中に生クリームの量に日和って控えめに . でも結局2人でもこの量は食べきれなかったけど
※こちらが粧子さんの素敵なインスタグラム。

インスタグラムでの発信の仕方

 

リサ:インスタグラムを投稿するのにあたり、心がけていることはありますか?

shoko試行錯誤していた時期もありました。

 うちは一緒に食卓を囲んでいるので、前は犬と一緒の食事風景をアップしていたんですが、

やっぱり犬にいいねがついているんだなと感じていましたし、

実際に「お料理じゃなく犬に目がいくよ」と意見を頂いたこともありました。
意を決して犬を出さなくなったら、フォロワーやいいね数がガクッと減ったんです。
でも今は料理の写真だけをあげているので、もらえる反応は料理に対してですし、

フォロワー数も以前ほどではないですが、直実に増えています。
また、お料理の写真だけにしたので、企業案件のお仕事を頂けるようになりました。

写真 2018-04-15 10 25 58
続けること

リサ:今一番やりたいことはありますか?

shoko:実は今目標がなくて、逆に目標を探している最中です。

リサ:私もたまに息切れしちゃうじゃないけど、これでいいんだっけ?と思う瞬間あります。
そういう時は何もしないと決めているんですが、自分を休める方法、息抜きする方法とかあるんですか?

shoko:予定を何も入れず「しない!」って決めることです。
でも私は料理作っている時が息抜きになっているんだと思います。

リサ:料理が本当に好きなんですね。

しょうこさんの強みは「やり続けられる」事だと思います。
結婚しても仕事をやり続ける、インスタをやり続ける。

平日の本業での実体験や知識からやり続ける秘訣を

いっぱい得て自分の宝になっているんだなと今日感じました。

みんなやり始め方はある程度分かっているのかなと思うのですが、
やり続ける方法は意外と知らないんじゃないかな。

shokoさんにまたやりたいことが見つかった時がとても楽しみです。
今日はありがとうございました。

 

shokoさんHPはこちらから
http://homecooking.strikingly.com/

インスタグラム@shoko_carrie

2018-04-26 | Posted in ラテ会No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA