ラテ会インタビュー NO.6植物療法士 岡野真弥さん

「ハーブが好きすぎて家には100種類くらいあるんです、その時の気分によってハーブを調合しています。
不思議と直感で選ぶものが毎日違うんですよ。」

と笑顔で教えてくれた今回のスピーカーは、植物療法士として活躍中の岡野真弥さん。

 

====================

自らの経験

 

Lisa:植物療法士って?

Maya:植物の恵みを、食べたり、飲んだり、香ったり、塗ったり、触れたり…と広い意味で捉え
自然の恵みの力を借りて、本来人が持っている自然治癒力を高めていこうという専門家です。
病気になって症状が体に現れる前に自分で自分の体や心の状態を知って、セルフケアすることの大切さを広めたいという想いでワークショップを

開催したりしています。
活動を始めて1年半くらいになります。

Lisa:植物療法士を知ったきっかけは何だったの?

Maya:この活動を始める前は、秘書をしていました。
毎日不規則でとても忙しくて。ストレス発散のために、スイーツやお酒に走っていたんですが、そんな生活をしていたら顔中にアトピーが出て、体調がどんどん悪くなっていったんです。
不安になって、病院に行って色んな薬を飲んでいました。
一時的に症状は治まっても、その反面やる気が起きなくなったりもしました。

もっと内側から元気になる方法を知りたいと思い、色々調べていた時に、
高校の友人が植物療法士としてブログを書いているのをたまたま見つけました。
これだ!と直感的に思ったので次の日にはハーブショップへ行き、スクールも探し始めたんです。
スクールでは、いわゆる代替医療といわれているハーブ、ヨガ、薬膳を勉強していました。
勉強しながら体が元気になっていったんです。
Lisa:そんな経験があったんだね。

Maya:あと、ホスピタリティの力で人を豊かにしたいと思って、秘書の前にしていたウェディングプランナーのお仕事。
一生に一回みんなにお祝いしてもらえる素晴らしい瞬間を作り上げる最高のお仕事だけれど、ウェディングはそれっきり。
もっと深く人と関わりたいし、深くサポートできることはなんだろうなとずっと考えていて、
だから、植物療法士を知った時もビビッときました。
Lisa:自分の体調を変えなきゃという思いで初めは動いていたんですね。

 

写真 2018-06-24 9 07 18
=======================

学びの時期
Lisa:仕事をしながら勉強をしていたの?

Maya:はじめはそうでした。でも勉強していくうちに、もっと詳しく知りたくなって、仕事との両立は難しいなと感じるように。
思い切って会社を辞めた時は、スクールを5か所同時に通っていました。

一同:5か所同時に!?

Maya:西洋医学の植物療法を学んでいくうちに、東洋医学ならどうなんだろうって興味をもったり
健康には運動も必要だとわかったときは、ヨガインストラクターの勉強もしたいと思って、こんな風に勉強の領域がどんどん広がっていきました。
今思えばその1年弱は修行僧みたいに勉強していた時期でした笑。
Lisa:社会人になってから勉強の時間をとるのはないと意思がないとできないと思う。
周りの目を気にしたことはありましたか?

Maya:葛藤はすごくありました。
周りの目が気になった時もありました。
でもそんな時、植物の力やヨガの瞑想の力も借りて乗り越えてきたんです。

植物を前にすると自分が素直になれる感覚になるんです。
自分の心に従っていいんだという感覚が養われていきました。

36063651_1640029516094329_6612976186626670592_n

====================
インプットからアウトプットへ

 

Lisa:学校に通って資格を取ったり、セミナーに参加したり。
何か始めたいと思っていても、それだけで満足してしまう人が多い中で、どんな風にして今の活動が前に進んでいったの?
Maya:勉強は終わりがないなって感じていて。上には上がいるし、その道のプロだって大勢いる。
だからいつまでもインプットしていても、インプット難民になってしまうと思ったんです。
一度、今の自分の段階でアウトプットしてみたいと思い、イベントを開催しました。

イベントを開催したとき、まだまだ植物の力を知らない人が沢山いることを知って
もっと伝えたい、伝えられるようになりたい!という気持ちになりました。

そこが大きな一歩だったかな。

写真 2018-06-24 9 29 11

====================

本当に伝えたいことはハーブのその先

 

Lisa:活動をしていて一番楽しい瞬間は?

Maya:運営しているサロンで月1回開催しているイベントです。
目の前の方が変化していく過程を見守るのが嬉しい。
イベントの最初にどんな人生を描きたいかを考えてもらって、あくまでもは「健康」は手段という話をさせていただくんです。
その場で体質チェックもしておすすめのライフスタイルを紹介したり、ハーブを実際に飲んでもらったりしています。
五感に働きかけて、どんな味をおいしく感じるかとか、呼吸が速くなっているかも体験してもらうんですよ!
今の世の中、TVもネットも紹介している事って「バナナがいい!」「納豆がいい!」っていう健康法ばかりな気がして。
でも私が伝えたいことは健康法ではなくて、そのひとつ前段階。
自分の体質や体調をまず知ること、自分の心の状態と向き合うことを重視しています。

Lisa:それって本当はすごく大切なことだよね。
みんな限界まで行って、肌に出たり、病気になったり、ちょっと前に気付けることが本当はあるんだろうな。

限界を越してから、食事や生活習慣を治すことが多い気がするけれど
自分のサインを読み取って、前段階でできるポイントを知ってるのってとても大事なんだね。
これからやってみたいことってあるの?

Maya:ハーブの枠を超えて自分の中にある好きなものや、わくわくするモノを見つけてもらうお手伝いもしたいなと思っています。

写真 2018-06-24 9 58 22

====================

 

見た目も話し方もふんわりとして優しい印象の真弥さん。

話を聞けば聞くほど、ハーブが好きなことがひしひしと伝わってきました。そんな素敵な真弥さんのこれからの活動がますます楽しみです。

そして今回、この日のためにハーブティーをブレンドしてプレゼントしてくれました。

ハーブティーのおすすめの飲み方も教えてくれたので、ぜひハーブティーを飲むときの参考にしてみてください♩

 

<まやさんブレンド!天気が悪い日におすすめのハーブティー>

6月は湿気が多いのでその分むくむんだそう
天気が悪い日が続くと憂鬱になりがちななので、マスカットのような香りがするエルダーフラワーや
紫外線対策におすすめ、ビタミンCがたっぷりなローズヒップ、ラズベリーリーフ、美白作用があるびわの葉が入ったもの。

※ハーブティーのおススメの飲み方
ハーブティーは飲んだ後、小腸から吸収され血液に入ることで体質改善につながるので常に血中に入れといた方がいいそうです。
3時間に1回飲むのが理想。
朝昼晩など自分で飲むリズムを作っておくと習慣化して◎

写真 2018-06-24 9 13 57

2018-08-05 | Posted in ラテ会No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA